〒454-0936 愛知県名古屋市中川区高杉町34 2F
無料託児室、大型駐車場完備

お気軽にお問合せください

平日9:30~12:30、14:30~19:30
土曜日9:30~12:30、13:30~17:30 
最終受付時間は30分前まで
休診日:日曜・祝日・木曜

お電話でのお問合せ・ご相談はこちらへ

052-365-3555

一般歯科

こちらでは当院の一般歯科(歯周病治療・虫歯)について紹介いたします。

歯周病ってどんな病気?

歯周病とは、歯肉(歯ぐき)や歯槽骨(骨)など歯を支える歯周組織が炎症により破壊されていく病気です。

むし歯にくらべあまり知られていませんが、私たちが歯を失う原因として最も多いのは、むし歯をしのいでこの歯周病です。その原因はさまざまですが、症状を自覚しにくいので重症化してから気がつくことも多い疾患です。

歯を失うことはもちろん、それ以外に心疾患や呼吸器系の疾患、糖尿病や出産など命にも関わるさまざまな全身への影響を与えることがわかってきています。

健康な歯茎

・弾力性に富み、引き締まっている。歯ブラシをしても出血しない状態です。

歯肉炎

・歯周病の初期の状態。

 炎症が歯肉に限られていて、まだセメント質、歯根膜、歯槽骨の破壊は起こっていない状態です。

歯周炎

・歯周炎は炎症が歯肉に限らず、そのほかの組織にまでおよんだ状態です。

 進行すると歯を支える歯槽骨などが破壊されていき、歯を支えることができなくなり、歯が抜けてしま   います。

歯周病進行度

 

どうして歯周病になるの?

☆プラークの中の細菌から生体を守る炎症反応

歯周病とは、歯肉(歯ぐき)や歯槽骨(骨)など歯を支える歯周組織が炎症により破壊されていく病気です。

むし歯にくらべあまり知られていませんが、私たちが歯を失う原因として最も多いのは、むし歯をしのいでこの歯周病です。その原因はさまざまですが、症状を自覚しにくいので重症化してから気がつくことも多い疾患です。

歯を失うことはもちろん、それ以外に心疾患や呼吸器系の疾患、糖尿病や出産など命にも関わるさまざまな全身への影響を与えることがわかってきています。

☆細菌と抵抗力、そのほかの要因

歯周病は特定の細菌により引き起こされる感染症です。その細菌を媒介するのがプラーク(歯垢)です。プラークとは細菌の塊です。プラークの中に、むし歯の原因菌も歯周病の原因菌も存在しています。むし歯同様、歯の周りにこのプラークが付いていないこと、あるいは歯石が付いていないことが歯周病の予防には重要です。

しかし、歯周病の発症や進行にはそれ以外の要素も大きく関わっています。上に述べたように、歯周病の発症や進行には、炎症という免疫応答の作用が関わっています。そのため私たちの生体としての免疫力がその進行や発症に関与します。糖尿病のような持病があったり、また他の疾患や疲労、ストレスなどで免疫力が低下していたりすると、進行・悪化しやすいのです。体調の悪いときに限って、歯肉が痛んだりしたことはありませんか?特に糖尿病については、免疫機能以外の諸症状も歯周病のリスク因子になるものが多く、また歯周病原菌が糖尿病を悪化させるリスク因子になることもわかってきており、その関連性は注目されています。

 

歯周病になってしまったら

一般的な感染症ならば、抗生物質などを服薬するなどといった対処が考えられますが、特定の細菌の感染が原因とはいえ、口の中に常に存在する細菌でもあり、またそれ以外の要素(生活習慣や免疫力など)も大きく関連するため、服薬して終わりというわけにもいきません。

原因となっている口の中の環境を変え、また、生活習慣の見直すこと。

定期的にスケーリング(歯の掃除)を行い、ポケット内の環境を整えることが大切です。

セルフケア

 •歯磨き

 •デンタルフロス

 •歯間ブラシ

 •生活習慣の改善(喫煙・食生活・ストレスなど)

プロフェッショナルケア

 •ブラッシング方法や生活習慣改善アドバイス

 •歯ブラシでは届かない歯周ポケットの中のクリーニング

 •プラークや着色の除去(歯ブラシだけでは落とせない汚れを取り除く)

 

虫歯の進行過程(Co~C4)

歯の構造

Co

歯の表面に、白斑・白濁がある状態です。 エナメル質の表面が脱灰されて、白く見えます。 きれいに歯ブラシを行っていれば、再石灰化して治ると言われています。

C1

エナメル質までの虫歯です。痛みはありません。

C2

エナメル質をこえて、象牙質まで達した虫歯です。歯髄には達していないので、強い痛みはありませんが、冷たいものや甘いものなどで、しみたりすることがあります。

C3

歯髄に達した虫歯です。歯髄炎をおこし、激しい痛みがでることがあります。ここまで進行すると、神経をとる治療が必要になります。自覚症状がなく、歯髄まで虫歯が進行していることもあるので、定期的に診査してもらうといいでしょう。
また、さらに虫歯を放置しておくと、バイ菌の感染がどんどん進んでいき、神経を殺してしまい、根っこの先に膿みの袋をもつようになります。(根尖性歯周炎)
根っこの治療(感染根管治療)が必要になります。
 

C4

虫歯で歯が崩壊して、根っこが残った状態です。ほとんどが、根の先にバイ菌が感染してしまっています。
(根尖性歯周炎)
虫歯が歯茎の下に深く進行して、抜歯しなければならないことがあります。しかし、抜歯しなくて保存できることも多いので、あきらめず早めに診てもらって下さい。 放っておけば、どんどん、むし歯が進行して、保存が難しくなります。

虫歯の早期発見をする為に

どの段階の虫歯も、自覚症状がないことがあるので定期的に診査をしてもらいましょう!
虫歯は、高齢者より若年者のほうが、永久歯より乳歯のほうが早く進行します。
乳歯は、未成熟なので虫歯になりやすく、虫歯になると急速に進行するのです。
この未成熟な時に、フッ素を定期的に塗布すると、歯にフッ素が取り込まれ 歯の質が早めに改善されるので虫歯予防に効果的です。
虫歯は進行するほど、治療が大変になるので、定期的に歯科医院で診てもらいましょう!

お問合せ・ご相談はこちら

たかすぎ友愛歯科のホームページにお越しいただき、ありがとうございます。
ご不明・ご不安な点がございましたら、どうぞお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

052-365-3555

受付時間:平日9:30~12:30 14:30~19:30 
土曜日9:30~12:30 13:30~17:30
最終受付時間は30分前まで
休診日:日曜・祝日・木曜

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

052-365-3555

平日9:30~12:30 14:30~19:30
土曜日9:30~12:30 13:30~17:30  受付時間は30分前まで
定休日:日曜・祝日・木曜

受付時間

 
午前 × ×
午後 × ×

平日9:30~12:30 14:30~19:30
土曜日9:30~12:30 ※13:30~17:30最終受付時間は30分前まで
定休日:日曜・祝日・木曜